お悩みに効く 労務の処方箋

  • 会社を強くする戦略的アウトソーシング
  • 就業規則・職場のルール作り
  • トラブルを未然に防ぐ労務管理
  • 賃金設計コンサルティング
  • 退職金設計コンサルティング
  • 高齢者の年金と最低賃金設計
  • 労務管理・就業規則・賃金についての診断
  • サービス残業・労働基準監督署対策

セミナー講師承ります 各種企業・団体様向けのセミナー開催をご提案します。

つちはし社会保険労務士事務所は、個人情報保護の基準を満たしたSRP認証事務所です

就業規則・職場のルール作り

役所の雛型の就業規則や親会社からもらった就業規則には、思わぬ落とし穴が潜んでいることをご存知ですか 御社の実態にあった「いざという時使える」就業規則を作成します

就業規則とは、労働時間や賃金などの労働条件、服務規律を定めて、書面化したものです。この就業規則は常時10人以上の労働者を使用する事業場では必ず作成しなければならず、また10人未満であっても、作成することが望ましいとされています。

長引く不況の最中、厳しいリストラなどもあってか、労働条件を巡るトラブルが会社外に持ち出されるようになりました。
“サービス残業”や“名ばかり管理職”、“ブラック企業”…労務管理における法律違反行為は毎日のようにマスコミで取り上げられています。

労働者とのトラブルが社外へ発覚すれば、昨今はインターネットが普及しいていますから、企業のトラブルや評判は瞬く間に広まり、一気に会社の対外的信用も損なう危険があります。また、直接的な出費などもあれば、特に中小企業にとっては致命的なダメージになりかねません。

このような事態を避けるためには、就業規則を最新の法令に合わせて作成し、規則に則った労務管理をする必要があります。
トラブルの発生を想定した規定を用意しておくなどして、リスクマネジメントを図ることで、万が一労働者との間でトラブルが起こっても、就業規則を適切に運用していれば法令違反とはならず、あらぬ損害や風評から企業を守ることになります。

ご相談 お問い合せはこちらから お電話でのお問い合せ 0886115558

メールでのお問い合せはこちら